危険物を扱う倉庫

  • アルミ製蓄圧式粉末ABC消火器 アルテシモ

    アルミ製蓄圧式粉末ABC消火器 アルテシモ

    製品特徴

    アルミ容器で約20%の軽量化を実現しました。(※当社比)
    塗装は鮮やかなキャンディレッドの粉体クリア塗装。あらゆるシーンにマッチする美しいフォルムとカラーです。

    border bottom
  • 加圧式粉末BC消火器 ハイパーキングBC

    加圧式粉末BC消火器ハイパーキングBC

    製品特徴

    主成分の炭酸水素カリウムが油火災に威力を発揮します。
    使用温度範囲は、-30℃から40℃。放射圧力が高く、過酷な環境下でも消火能力を発揮します。

    border bottom
  • 機械泡(水成膜)消火器 ハイパーフォーム

    機械泡(水成膜)消火器 ハイパーフォーム

    製品特徴

    普通火災には優れた浸透性、油火災には油面上に水成膜を形成し、再燃防止効果を発揮します。
    アルコールなど水溶性危険物にも有効。特殊ゲル泡の累積効果で、水溶性液体危険物の火災にも威力を発揮します。

    border bottom
  • 強化液(中性)消火器 ハイパーミストN

    強化液(中性)消火器 ハイパーミストN

    製品特徴

    優れた浸透性と冷却作用で再燃を防止します。
    また、粉末薬剤との併用でより高い消火能力を発揮します。

    border bottom
  • ハイドラップ (メガフォーム関連機器)

    ハイドラップ(メガフォーム関連機器)

    製品特徴

    一号消火栓のみの水消火では油火災に対応不可能で、また、樹脂類は水をはじくため消火が困難です。
    既存の1号消火栓にハイドラップを設置することで、化学消火機能をプラスできます。

    border bottom
  • 泡消火設備 (メガフォーム)

    泡消火設備 (メガフォーム)

    製品特徴

    可燃性液体などの火災に対し、表面を空気泡(エアフォーム)で覆い、酸素を遮断することで消火。油火災に威力を発揮します。

    border bottom
  • 粉末消火設備

    粉末消火設備

    製品特徴

    幅広い火災に適応。窒素ボンベを加圧源とするため、動力電源が不要で、経済性に優れています。
    長期保存が可能で、寒冷地でも十分な消火性能を発揮します。

    border bottom
  • ガス消火設備

    ガス消火設備

    製品特徴

    ガスによる消火のため汚損がなく、クリーンに消火できます。
    ボンベ内の自圧で消火薬剤が放出されます。保温処理が不要で、薬剤の長期保存が可能です。

    border bottom
  • システムアイプラス

    システムアイプラス

    製品特徴

    生産設備の監視を常時行い、センサーがいち早く火災を感知し、消火と同時に警報や機器の停止などを自動に行います。
    様々な設備・設置環境に合わせて感知方法・消火薬剤などをご提案いたします。

    border bottom
  • ツインボックス

    ツインボックス

    製品特徴

    粉末ABC消火薬剤の速消性と水成膜泡消火薬剤の累積効果で消火。内部燃焼にも威力を発揮し、再着火を防止します。
    2タンク1ボンベ方式の採用で、省スペースのコンパクト化を実現しました。

    border bottom
  • スプリンクラー設備

    スプリンクラー設備

    製品特徴

    天井に設置されたスプリンクラーヘッドにより、火災感知から放水までを自動的に行うシステムです。

    border bottom
  • 腰部サポートウェア rakunie ラクニエ

    腰部サポートウェア rakunie ラクニエ

    製品特徴

    腰の負担を軽くする、腰部サポートウェア。
    日常動作の邪魔をせず、深く前屈したときにだけ腰をサポートする画期的なウエアです。

    border bottom
  • 女性のための腰サポートインナー
    calena カレナ

    女性のための腰サポートインナー calena カレナ

    製品特徴

    腰の負担を軽くする、腰サポートインナー。
    日常動作の邪魔をせず、前屈や中腰姿勢だけをサポートする画期的な女性用インナーです。

    border bottom

※商品に関するお問い合わせは

お客様相談室
0467-85-1210
受付時間9:00~12:00 ⁄ 13:00~17:00
(土・日・祝日は休み)

※消防用設備等の設置につきましては、各地区の条例をご確認を頂くか、又は各所轄消防にお問合せ下さい。

ページの先頭に戻る