エアゾール式簡易消火具
『ファイアーアウトM』『FIRE CUT FC400D』の廃棄方法

ファイアーアウトMの廃棄方法について

『ファイアーアウトM』『FIRE CUT FC400D』は、エアゾール缶(殺虫剤や塗料スプレーなど)と同様です。
お住まいの地域のゴミ処理のルール(中身を出す、缶に穴を開けるなど)にしたがって処分してください。

未使用のまま品質保証期間を終了した『ファイアーアウトM』『FIRE CUT FC400D』は、容器内に消火薬剤と窒素ガスが残っています。一般的な処分方法としては、消火薬剤が飛散しないように注意しながら大きめのポリ袋(30リットル程度)の中で放出させます。その際、ポリ袋に入れたボロ布や新聞紙などを入れて薬剤を吸着させ、燃えるゴミとして廃棄してください。

=注意事項=
ポリ袋内での放出は、押しボタンを軽く押し、徐々に放出してください。放出終了近くになると、消火薬剤を含んだ霧状のガス(窒素)になりますので、吸引しないようにご注意ください。
消火薬剤はアルカリ性のため、皮膚や他の器物などに付着したら、よく水で洗い流してください。万が一、目に入ったときは、目を水でよく洗い流し、目に痛みを感じるようであれば医師の診察を受けてください。
使用温度範囲内であれば、容器が破裂するおそれはありません。

ファイアーアウトMの有効期限は本体表面に分かりやすく表記してあります。

ファイアーアウトMの有効期限は本体表面に分かりやすく表記してあります。

ハロンを使用したエアゾール式簡易消火具は
「天ぷら油火災」の消火はできません

天ぷら油は、油温が約360℃になると自然発火し、油温はさらに上昇していきます。
ハロンガスタイプの消火用具は、油温を下げる効果がありません。いったん消火したように見えても、油温が高いままなのですぐに再燃し、消火しきれない可能性がきわめて高くなっています。
(ハロンガスはフロンと同様にオゾン層を破壊することから、ハロンガスタイプの消火具は現在、製造されていません)

エアゾール式簡易消火具とは

エアゾール式簡易消火具は、ハンディで扱いやすいスプレー式の消火具です。ご家庭内で、くずかご、石油ストーブ、天ぷら油などから出火した際の初期消火に有効です。日本消防検定協会の検査を合格した製品には、右のマークが表示されています。

日本消防検定協会鑑定品鑑消第12~2号

住宅防火安心マークとは

住宅用防災機器等推奨委員会が、効果が高く機能のすぐれた製品に「住宅防火安心マーク」を授与し、推奨品として普及を推進しています。

住宅用防災機器等推奨
委員会推奨品
住推8-016号
(住宅防火安心マーク付)