消火器の設置基準

  • 1. 防火対象物の選択
  • 2. 防火対象物の広さの入力
  • 3. 耐火構造化の確認
  • 4. 計算結果表示

1. 以下の表から防火対象物を選んでください。

防火対象物
1 劇場、映画館、演芸場、観覧場
公会堂、集会場
2 キャバレー・ナイトクラブ等
遊技場・ダンスホール
性風俗関連特殊営業を含む店舗
カラオケボックス等
3 待合、料理店等
飲食店
4   百貨店、マーケット
5 旅館、ホテル、宿泊所
寄宿舎、下宿、共同住宅
6 イ(1) 病院、診療所又は助産所※1
イ(2) 有床診療所※2
イ(3) 6項イ (1)(2)以外の病院
イ(4) 無床診療所、無床助産所
老人ホーム・介護老人保健施設等
老人デイサービス・保育所等
幼稚園又は特別支援学校
7   小中学校、高校、大学、専修学校、各種学校
8   図書館、博物館、美術館等
9 公衆浴場のうち蒸気浴場、熱気浴場
イ以外の公衆浴場
10   停車場、船舶航空機発着場(乗車待合用の建築物のみ)
11   神社、寺院、教会等
12 工場又は作業所
映画スタジオ又はテレビスタジオ
13 自動車車庫又は駐車場
航空機格納庫
14   倉庫
15   前各項に該当しない事業場
17   重要文化財、重要民族資料、史跡
20   総務省令で定める船車
16の2   地下街
16の3   準地下街

※1 特定診療科名を有し、療養病棟または一般病棟を有する病院で、相当提訴の患者の見守り体制を有するもの以外

※2 特定診療科名を有する、病床数4床以上の有床診療所

特定診療科名
皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、肛門外科、乳腺外科、形成外科、美容外科、小児科、産婦人科、産科、婦人科、歯科、以外の診療科。
療養病床
精神病床、感染症病床及び結核病床以外で、主に長期療養を必要とする患者を入院させるための病床。
一般病床
精神病床、感染症病床、結核病床及び療養病床以外の病床。
相当程度の患者の見守り体制
勤務させる従業者の総数が病床数13床ごとに1名以上、そのうち宿直を除く従業者(就寝を伴わず勤務する従業者)の数が病床数60床ごとに2名以上の体制。

防火対象物 :

このステップに戻る

2. 防火対象物の、延べ面積を入力してください。

延べ面積 : m2
このステップに戻る
次へ
消火器設置の義務がありません。

3. 防火対象物は、耐火構造ですか?

耐火構造 :

このステップに戻る

※主要構造部を耐火構造とし、かつ内装は難燃材料としていますか?

計算する

4. 計算結果表示

耐火構造広さm2防火対象の場合、
必要なA火災の能力の合計は0です。

第四類の危険物を貯蔵し、または取り扱うものの消火に対応するものとして消火器を設けるときに限ってはB火災に対する能力単位の数値で、その他の場合はすべてA火災に対する能力単位の数値で算定します。
※危険物や指定可燃物、少量危険物は除く。

10型の消火器 A火災能力:3 必要本数0
アルミ製蓄圧式粉末消火器 アルテシモ Ⅱ MEA10A

アルミ製蓄圧式粉末消火器
アルテシモⅡ MEA10A

詳細
アルミ製蓄圧式粉末消火器 アルテシモ MEA10D

アルミ製蓄圧式粉末消火器
アルテシモ MEA10D

詳細
蓄圧式粉末(ABC)消火器 ハイパークイーン EF10

蓄圧式粉末(ABC)消火器
ハイパークイーン EF10

詳細
蓄圧式粉末(ABC)消火器 ハイパークイーン EF10DD

蓄圧式粉末(ABC)消火器
ハイパークイーン EF10DD

詳細
加圧式粉末(ABC)消火器 ハイパーキング(ABC) EFC10

加圧式粉末(ABC)消火器
ハイパーキング(ABC) EFC10

詳細
加圧式粉末(ABC)消火器 ハイパーキング(ABC) EFC10DD

加圧式粉末(ABC)消火器
ハイパーキング(ABC) EFC10DD

詳細
6型の消火器 A火災能力:2 必要本数0
アルミ製蓄圧式粉末消火器 アルテシモ MEA6

アルミ製蓄圧式粉末消火器
アルテシモ MEA6

詳細
蓄圧式粉末(ABC)消火器 ハイパークイーン EF6

蓄圧式粉末(ABC)消火器
ハイパークイーン EF6

詳細
加圧式粉末(ABC)消火器 ハイパーキング(ABC) EFC6

加圧式粉末(ABC)消火器
ハイパーキング EFC6

詳細

消火器設置にあたって

どの消火器を設置するかを決定し、あらゆる部分から消火器までの歩行距離が各階ごとに20m以下になるように設置してください。
階ごとに設置してください。
設置場所に適応する消火器を設置してください。危険物や燃えやすいもの、電気設備、大量火気使用がある場合はさらに消火器が必要です。

●危険物がある場合(少量危険物)
1単位/指定数量
●指定可燃物(綿花や木屑)がある場合
1単位 / 指定数量の50倍
●電気設備(変圧器、発電設備)がある場合
1本 / 100㎡以下毎
●多量火気使用の場合
1単位 / 25㎡以下毎

※商品に関するお問い合わせは

お客様相談室
0467-85-1210
受付時間9:00~12:00 ⁄ 13:00~17:00
(土・日・祝祭日は休み)

※消防用設備等の設置につきましては、各地区の条例をご確認を頂くか、又は各所轄消防にお問い合せ下さい。