不正な高額消火器点検・販売に関する注意喚起

全国で悪質業者による不適正消火器点検や高額請求の被害が多発しています。

法人のお客様へ

出入り業者、契約業者を装い、不当な価格で消火器の販売や点検(薬剤詰替)を行う、悪質な業者の報告があります。

その中には、「モリタ○○社」「ミヤタ○○社」と称し、あたかも当社販売店であるかのように誤認させる手口もあります。

業者が訪問した際には、社員証等により正確な社名を確認し、防火管理者または防火責任者に契約業者であるかを確認してください。

悪質業者が脅迫的な言動に出るなど、法令違反があると思われる場合は、近くの消防、警察、消費者生活センターに通報してください。

悪質な業者の特徴

  • 事前に消火器の点検で訪問する旨の電話をするなどして相手を信用させようとする。
  • 実際には薬剤の詰替えをしていないにもかかわらず、詰替えたように見せかけ、詰替料金を請求するなど、不正な点検を行う。

消火器の機能点検や薬剤の詰替には、防火管理者等が必ず立ち会い、点検の内容を確認してください。

  • 点検の際に預かり伝票などと称して契約書に署名・押印をさせ、消火器の点検代として高額の料金を請求する。

契約書などに署名・押印する前に、必ず記載内容の確認を行ってください。
料金をその場で支払ったり、払う約束をしないでください。

個人のお客様へ

消防職員や専門業者を装い、「一般家庭にも消火器を設置するよう法律が変わった」などと、言葉巧みに不当な価格で消火器の販売や点検(薬剤詰替)を行う、悪質な業者の報告があります。
その中には、「モリタ○○社」「ミヤタ○○社」と称し、あたかも当社販売店であるかのように誤認させる手口もあります。
※当社営業員は訪問販売を行っておりません。

業者が訪問した際には、身分証明書の提示を求め、必ず身分を確認し、不審に思った場合は、購入する前にきっぱり断りましょう。

万が一悪質な業者から購入してしまった場合は、警察、消費者生活センターへ届け出される事をおすすめいたします。

※ご家庭には法律上、消火器を設置する義務、点検する義務はありませんが、いざというときのために、消火器を備え、ご自身で定期的に点検いただくことをおすすめいたします。

・消火器にサビや傷、変形があると大変危険です。
>>消火器の点検について 詳しくはこちら

・住宅でご使用の消火器については、製造後5年でのお買い替えを推奨しております。

ラベル

・古い消火器や、傷やサビ、変形のある消火器は、使用せずに廃棄してください。
>> 廃棄についてはこちら

※一般家庭には小型で軽量な住宅用消火器の設置をおすすめします。
住宅で起きる火災を対象とした、メンテナンスフリーの消火器です。

キッチンアイ